包茎を治すことは早漏改善に繋がる?

包茎の人が早漏であることが多い理由

包茎の人が早漏であることを悩んでいる傾向が多いのは事実です。
陰茎が包皮によって隠れている(守られている)時間が長いため、いざ性行為をした際に亀頭(陰茎の先端)への刺激が過剰となります。
結果的に常に陰茎が露出している人よりも、射精までにかかる時間が短くなりがちになるのです。
ただし、必ずしも全ての人に早漏の傾向があるとは限りません。
真性包茎の人は性行為の際であっても、亀頭が露出することはないため刺激過剰になることはないでしょう。
つまり問題となるのは仮性包茎の人なのですが、亀頭が露出している時間や元々の感度によっても、非常に個人差があるので全ての人には当てはまりません。
とは言え仮性包茎の人は日本人男性の7割以上という統計がありますから、常に亀頭が露出している人の方が少ない訳です。
数としては、包茎かつ早漏という人は一定数存在していることが分かるでしょう。
そのため、そのような症状を治すことができれば、早漏改善に繋がる人は沢山いるということになります。

早漏を治すためにできることを試す

早漏に悩む人は多く、それと同時に不満を持つパートナーも少なくありません。
早漏を治すためにトレーニング(射精のコントロール)・生活改善・治療薬服用などを試す人も多いです。
すぐに効果出るものばかりではありませんが、少しずつ射精までの時間を延ばすことに期待はできるでしょう。
一方で、包茎を治すことで早漏を治すという方法は非常に効果が高いと考えられています。
なぜなら、射精とは基本的に亀頭の刺激によって引き起こされるものです。
包茎が治ると感度が以前よりも変わるため、射精にかかるまでの時間も当然変わります。
早漏には心因性のものもあるのですが、過敏性のものの方が多く、機能的な問題が理由となっていることがわかるでしょう。
専門機関で包茎について相談することで、その他の性機能の問題が浮き彫りになることもあるので、早漏を治すために包茎の治療を考えることは、非常に意義のあることだと言えるのです。

まとめ

早漏によってパートナーを満足させられない、そして自分自身も男女の営みを楽しむことができず何とかしたいという人は多いです。
もし早漏かつ仮性包茎の人であれば、一度専門機関で治すことを検討してみてはいかがでしょうか。
やはり亀頭への刺激が過敏であることが、早漏の理由となっていることが多いです。
実際に包茎を治すことで射精までの時間が長くなる例はありますから、少しでも不満やコンプレックスを抱えている人は、この機に治療してみることで何かいい未来が掴めるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です