包茎を治すことは衛生面でもプラス

包茎にもいくつかの種類がある

男性の生殖器は基本的に、子供であれば皮をかぶっている状態にあります。
ですが、大人になるとむけている状態になります。
通常かぶっている状態を「包茎」とよびますが、この包茎には主に3種類あるのです。

一つ目は、「仮性包茎」です。
仮性は包茎の中でも最も多いという特徴があります。
通常では亀頭が皮で覆われている状態で、勃起時のみひょっこり顔を出す状態を言います。
亀頭が皮に覆われているために、不潔になりやすく病原菌が繁殖しやすい傾向にあるのです。

二つ目は、「真性包茎」で、これは仮性と違い完全に亀頭が隠れてしまって、勃起時にも顔を出すことがありません。
これを治すには包茎手術が必要になります。
そして最後に「カントン包茎」を紹介します。
これは皮を無理にむいたために、亀頭が顔を出しているものの、ペニスが締め付けられている状態のことを指します。
カントン包茎に関しては緊急的な処置が必要になります。

包茎は手術で治せる!

このような包茎を治すことは可能です。
仮性包茎の場合には放置しておいても、さほど問題はありませんが、衛生面ではあまり良い状態とは言えないのです。
ですからもし気になるようであり、しかるべき治療を受けて治すことを考えたほうがよいかもしれません。
特に緊急性を要するカントンや真性の場合には、適切な治療が必要です。
包茎を治すには手術しかありません。
美容外科などで治療することが出来ます。
もしも仮性包茎であっても、手術をするほうがよい場合の例として、尿道炎や性感染症などに感染したばあいなどは、たとえ仮性であったとしても、手術したほうがよいかもしれません。
前述のように包茎は衛生面で良くありません。
他にも、性行為などや温泉などの他人にペニスを見られるときに、包茎であると恥ずかしいと感じる場合も、治すメリットはあります。
ただし包茎に対するコンプレックスよりも、一番大切なのはペニスに対する衛生的な問題ではないでしょうか。

まとめ

このように3つの包茎を紹介しましたが、それぞれ緊急性が違います。
ですが包茎は3種類とも衛生面では、あまり好ましくない状態であることは言うまでもありません。
もしも自分のペニスが包茎であるとしたら、この3種類のどの常態化を確認しましょう。
そして気になるようであれば、専門家への相談も必要です。
男性の生殖器は一生使うものですから、風呂に入った時も清潔にしておきたいものです。
常に清潔を保ち、病原菌からペニスを守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です